• 火曜日 , 30 5月 2017

瀬戸内生活工芸祭に行ってきました!

9/21に  瀬戸内生活工芸祭 に行ってきました!

女木島や高松の駅のすぐ側にある玉藻公園が会場となっていて、私は玉藻公園会場の野外クラフトフェア+せとうちマルシェに行ってまいりました。

家を出るとき、行くかどうしようかってちょっと迷ったのだけど、行って良かった!あれもこれも欲しいものだらけだったわ!

私の欲しかったものあれこれをピックアップしました。ご覧あれ。

IMG_6032

 

香川県の庵治というとこで有名な庵治石が入ったブルーのガラス。庵治石のブルーなのだそう。中身は香川県の西の方でお嫁入りの時に配る「おいり」というお菓子ね。可愛らしい♪

私も小さい時からよく食べているけれど、ものすごく薄い生地のあられみたいなお菓子なの。軽くてふわっとニッキが香って繊細で。このガラスの容器にぴったりだと思う!

この青い美しいガラスは、  Rie Glass Garden-さぬき庵治石硝子- さんのものです。

実は私もここで箸置きを買ったよ。小さな一輪挿しみたいになってる箸置き。とってもキレイなのー!

IMG_6033

 

 

 

あと、こんな可愛いハンコも。

IMG_6042

飛べ!ブリーフ!ひゃっはー!!!

用途が見つからないけど、可愛いぃぃぃ!

これは、  カキノジン さんのでした。ちびっこがわぁぁ〜って集まって「お母さん、これ欲しい。やっぱあれにしようかな」と一生懸命ハンコを探していたよ。気持ちわかるなぁ。

 

さっきのとはまた違う雰囲気の、カラフルなガラスの器もありました。

IMG_6045黄色いプレートとかね、ポップ過ぎず上品で大人っぽいのがいい。

アメリカのファイヤーキングみたいな感じもするね。

私は、自分だったらどんなお料理を盛りつけるだろうか〜って妄想してしまった。濃い味わいのNYチーズケーキかな。

黒川登紀子 さんの作品です。

 

消しゴムハンコもありました。

IMG_6051あのねーもっとアップで撮るべきだったかもだけど、これ、和柄が色々揃っていてね、マスキングテープみたいな感じで海外で売り出したら、ばんばん売れるんじゃないか。そんなことを考えてしまいました。

海外の「和」っていうと、なんかあんまりにも渋過ぎるお土産チックなものなんかが多いので、こういうオシャレな和のパターンってもっと輸出されたらいいと思うの。個人的意見です。

消しゴムハンコは   cachet blanc さんより。

 

それから、人が途切れず大人気だったガラスのオブジェのお店。

IMG_6049好奇心を揺すられちゃう可愛いもの達。

ちびっこが触ろうとして「子供はダーメー」とママに言われてた。一家を代表して(?)パパが大事そうに大事そうに触ってみていたのが印象的だった。

ガラスのオブジェは 安達知江 さんのショップのもの。

あとはね、写真撮ってないけれど、  しゅんしゅん さんという方の素描も素敵だった〜。細い繊細な線で描かれたイラストが何ともいえない雰囲気を持ってて優しいの。

 

会場内を歩いていたら、すぐ前を歩いていたご夫婦がいて、奥さんの方が「ちょっと高いかなー。どうしよう」と買うかどうかを迷っていて、旦那さんが「絵画とかアート作品だともっとうんと高くて、買っても家のどこに置こうってなるけど、生活工芸品なら毎日の生活に使えるし生活が豊かになるよ。」と話をしていた。

生活を豊かにするっていうフレーズにぐふぅっ!その通りだーー!って納得して、私もすぐ箸置きを買いに走った次第です。

ほわほわ和やかな雰囲気のお店がいっぱいで、楽しかった。可愛いく美しいものを家の中に取り入れるって素敵だなと思う。

もっともっと欲しいな。じわじわ素敵なものを集めていきたいな。

 

 

 

Related Posts